こちらにも注目!おすすめ記事一覧

研究

フタル酸エステルの分析!ROHS指令との関係性って?

ROHS分析を行っている会社は様々ですが、今後指定物質となるフタル酸エステルも分析できる会社がおすすめです。費用についてはセット料金を適用すると安く抑えられます。信頼できる業者を見つけることも大切です。

READ MORE
実験用品

フタル酸をチェックするROHS分析の分析法

ROHS分析には簡易分析と精密分析があり料金が異なります。依頼にあたっては、業者選定・調査依頼書提出・調査・報告書入手の流れになります。ROHS指令に違反すると厳しい罰則がありますので注意が必要です。

READ MORE

企業でも行なわれているROHS分析!【フタル酸を除外】

顕微鏡

ROHS指令とは?

ROHS指令とは、電子・電気機器についての特定有害物質の使用制限を行っているもので、欧州連合による指令です。2003年の2月13日に公布が行われ、2006年7月1日から施行されています。特定有害物質については、鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニル・ポリ臭化ジフェニルエーテルの6物質が指定されています。なお、蛍光ランプ中の水銀やブラウン管などのクリスタル・ガラス中の鉛など、現在の技術では代替え品が無い製品に関しては適用が免除になっています。ROHS指令に違反している製品は欧州諸国への輸出ができなくなります。もし、ROHS指令に違反していることが発覚した場合は、罰金や製品の出荷停止・回収などの罪が課せられます。

フタル酸分析の必要性

ROHS指令は、当初の施工後、改訂が検討され2015年6月4日には、ROHS2が発表され、従来の6種類の有害物質にフタル酸エステルの4物質が追加されることが決定されました。このROHS2の施行は2019年の7月に予定されていますが、部品材料における代替え品を探すのは長い期間がかかります。そのため、早い段階でフタル酸エステルの分析を始めるのが得策です。現在ではフタル酸エステルを分析できる解析装置も普及し始めています。なお、フタル酸分析業者の数もが義らレているうえ、施行開始期間が近づいてきているので、検査機関が混み合うことが予想されています。そのため早めに検査に着手するのが得策と言えます。

成分分析に関する疑問にお答えします!【Q&A形式】

フタル酸エステルはどんなものに含まれていますか?

フタル酸エステルは、樹脂やゴムを柔らかくする材料として使用されています。現在は家電や玩具など多くの製品に含まれています。また、フタル酸エステルを使用することで、ゴム製品の長寿命化や加工のしやすさが得られています。

フタル酸エステルの代替え品はありますか?

フタル酸エステルの代替え品としては、現在、DINCH、DEHTP、ATBC、TXIBの4つの物質が検討されています。既に、大手の電機メーカーなどでは代替え品を利用しての施策などの検討に入っています。

フタル酸分析の検査時間はどれくらいですか?

フタル酸分析用の検査装置は、近年急速に開発が進み、現在では加熱脱離イオン化質量分析計というものが完成しています。少ないスクリーニング試料にて短時間で検査が可能になっています。おおよその目安として、1試料あたり約10分での検査が可能です。

フタル酸エステルの分析にはいくらかかりますか?

検査機関によって異なりますが、フタル酸エステルの分析には約3万円から6万円前後かかります。ただし、フタル酸エステル4種類まとめて調査したり、ROHS指令に指定されている10物質をまとめて調査するとセット料金が適用されて安くなることが多いです。

成形品や完成品の状態でも検査可能ですか?

分析業者によっては、成形品や完成品の状態で検査を受け付けています。ただし、分解し中の部品などの素材をスクリーニングしますので、完全破壊試験となるため完成品は戻ってこないです。

広告募集中